人生を豊かにする補聴器の選び方

日本も高齢化社会に突入し、年々高齢者の人口比率は高まる一方です。加齢に伴い、様々な身体的機能の衰退が現れ始めるのは仕方がないことです。
より健康に元気で暮らせることが大切なことです。


その身体的機能の衰退で、なかなか普及率が上がっていないものに聴力低下による補聴器の活用があげられます。
人間の情報入手は視覚によるものが圧倒的なため、ものが見え難くなるのが気になる傾向が高いことがあります。日本人の近視等のメガネの普及率の高さを考えれば、メガネをかけること、老眼鏡の使用には抵抗がないという感覚的なこともあるのでしょう。聴力の衰えは徐々に始まり、なかなか本人が補聴器が必要と認識することが難しいという側面があります。


まわりは聞こえ難いのが気になっても、本人はそれほど自覚がないといったことがあります。補聴器をするのは明らかに歳を取ったと公言しているような受け止めがあるようで、使用に抵抗感があるとも分析されています。

補聴器に関して最新情報を教えます。

実際以前のものは、アナログ式で雑音も拾い使い勝手が悪かったこともあります。

Yahoo!知恵袋について詳しく知りたいならこちらです。

形状も大きめで、いかにもといた感じでしょうか。



90年代に入り、デジタル式の補聴器が開発され、小型で高性能なものが普及し始めています。

選び方ですが、耳かけ型、耳あな型、ポケット型など多くの種類があり、好みのものを選べるようになって来ました。
選び方が分からない場合は、販売店に相談するか、Webサイトに多くの商品が紹介されていますので、参考にすることが出来ます。

補聴器の選び方で、年齢を感じさせないことも可能です。